まちの歯科医院では、コミュニケーションを大切にします。一般的な治療の流れをご紹介します。

(初診)

問診、一般的な検査(お口の状態の把握、レントゲン写真など)
痛みや腫れなど緊急を要する処置は、最初に優先して行っていきます。

(検査)

デジタルCT装置

お口の状態をしっかりと確認し、最初の状態を保存するために、データを集めます。主なものは、歯周組織検査、X線写真、口腔内写真、模型の採取などです
 

(カウンセリング)

治療に対する希望や心配事などをくわしくお聞きして、治療に生かすようにします。

(治療開始)

検査結果によって、治療の手順や内容を決めて、治療に入ります。
このとき、お口の状態を衛生的に保つため、プラークコントロールを行います。
歯石を取ったり、クリーニング(初期治療)も進めていきます。

歯周病の検査と治療 (和田精密「歯の治療ガイド」(株)グルービー制作より)

歯周病の検査と治療

(コンサルテーション)

治療には、様々なオプション(できることや使える材料)がありますので、
内容を話し合って決めていきます。

(治療終了・メインテナンスのオリエンテーション)
    ↓
(定期的受診によるメインテナンス)

がんばって治療した結果を長持ちさせるために、定期的受診としっかりとしたメインテナンスを受けていただくようにお勧めしています。

当院の予防歯科へ>>