むし歯と歯周病の予防、入れ歯とインプラント治療で 最善の歯科治療を追求
ブログ
  • HOME »
  • インプラント治療

インプラント治療

インプラント治療

筑後市のまちの歯科医院,小児与防歯科では、歯を失ったところにかみ合わせを回復させるために有効な治療方法のひとつとしてインプラント治療を行っております。

インプラント治療

部分入れ歯やブリッジなどでも治療は十分できますが、歯を失った部分の粘膜の土手やかみ合わせの状態によっては、調整に長期間かかったり、なかなか妥協できる使用感にならないこともあります。

また、部分義歯は、噛みあわせを支える粘膜と、 歯を止めるためのフックをかける歯に負担を強いるため、フックをかける歯がダメになったり、義歯が壊れたりすることもあるため、定期的なリニューアルや再作製が必ず必要な治療方法です。

一方、インプラント治療では、歯を支えていた骨に人工歯根を植えることができ、粘膜の上に歯の頭を出すことができるので、しっかりとした土台の骨がありさえすれば、単独で噛みあわせを回復できる可能性があります。また、歯を削ることがないため、残った歯に対しては、優しい治療と言えるでしょう。

しかし、手術が必要になりますし、比較的治療期間が長くなるというデメリットもあります。そして、インプラントを支えるのに必要十分な骨がないと、入れることができません。

また、術後10年で90%以上が残存、機能し、成功しているとはいえ、インプラントの上部構造(上の図をご参照ください。)であっても、決して永久にもつものではないと理解する必要があります。

非常に高度な診断力とテクニックが必要になり、後戻りが難しい治療ですので、精密に診査と診断を行い、お口の中全体のよりよい状態を作るための治療計画をしっかりと立てて、特に慎重に行うことが必要です。

筑後市 まちの歯科医院

インプラント治療に対する当院の見解を示します

筑後市まちの歯科医院のホームページにお越しいただきまして誠にありがとうございます。

私たちの医療に対する取り組みをご理解いただき、心から深く御礼申し上げます。

患者さんからいただいた質問

最近、一部のテレビ番組で、歯科治療に関して不安を煽るような内容が放映されたことで、何人かの患者さんよりご質問をいただきました。これを受け、皆様に安心して通院して治療を受けていただけるように、まちの歯科医院 院長の内山より最新の歯科インプラント治療に関しての当院の見解と基本方針をお伝えいたします。以下、いただいたご質問と私からのご案内と回答です。参考にしてください。

【ご質問1】

「インプラントは本当に大丈夫なんでしょうか?テレビを見ていたら怖くなりました。」

【院長からの答え】

テレビ番組は、刺激的に一部を誇張したり、あえて皆様の不安を煽るような内容で放映されることもあるようです。インプラントのトラブルだけに注目すれば、どうしても事故が多くて怖いものという印象だけが残ってしまうような構成になるかもしれません。

 

けれども、どんなに細心の注意をはらったとしても、感染や材料の限界を超えた応用によって、一部の歯科インプラント治療がうまくいかないことがあるのも事実で、私も治療を担当する歯科医師としてたいへん残念に思っております。

安全に十分配慮して行われ、成功した歯科インプラント治療は、「第3の歯」とも言われますが、もともと自分の体に無かった人工物を埋め込む「代替治療」です。

整形外科でも、人工関節などのインプラント治療があり、年々よいものが開発され、治療成績も良くなっていると聞いています。

歯科インプラント治療(以下、インプラントとします)は、比較的新しい治療方法ですが、今も世界中で数多くの研究が行われていて、改良が重ねられ、めざましい進歩を遂げています。

歯を失った方が、しっかり自分の歯と同じような感じで噛める方法なので、栄養もバランス良く摂れ、全身の健康を保つために、おおいにメリットがある、たいへん価値のある治療方法であるのは間違いありません。

歯科治療は、そもそもほとんどが「外科治療」ですので、

私たちは、インプラントに限らず全ての治療方法に存在する、いろいろな危険性を最小限にして、メリットをしっかり受け取っていただけるように、責任を持って準備をします。

特にインプラントは、体に非常になじみがよいと言っても、もともと異物であるものを埋め込む治療なので、特に慎重かつ周到に用意をする必要があると思っています。

例えば、神経や血管の位置を確認できる立体的なレントゲン撮影(CT撮影)と詳しい診断を術前に必ず行い、安全に配慮します。

また、治療に関する技術力は、たいへん重要ですので、日本口腔インプラント学会とFIDIという研究会をはじめ、いくつかの勉強会に所属して、知識と技術の向上に努めています。それは、歯科治療でおこりうるあらゆる可能性を把握して、それに対する対処方法を研究するためでもあります。また、患者さんご自身の全身疾患との兼ね合いも考慮しています。必要があれば、血液検査などを含めた健康診断を受けていただくようお願いしています。これらは、いろいろな場合に、迅速に最善の対応ができるようにするためには、当然のことです。

また、最大限に工夫しても、インプラントを入れるには、土台となる骨が少なすぎるケースについては、絶対に無理をせず、手術をお断りしています。それは、安心・安全であることを何よりも重要視しているからです。 

インプラント治療で手に入れられる恩恵は、私の中では、従来の入れ歯とは全く異なるものです。「お刺身やお寿司、お漬物など何十年ぶりかに美味しく食べることができるようになった。」とか、「しっかり噛んで食べることができるようになり、消化が良く栄養も摂れるようになったのか、健康診断の数値がよくなりました。」「久しぶりにあった娘から若返ったと言われ嬉しかった。」などの感想は、私の友人の歯科医院でも、よく耳にする、うれしい感想です。ただ、どんな方にもすぐに簡単にできる治療方法ではないので、注意が必要です。 

インプラント治療を行う上で、私たちが特に重要と考えているのは次の3つです。

1)患者さんと院長を含むスタッフが良好な信頼関係を築いて、相互理解できていること。

2)お口全体として、健康の維持と回復に向けて取り組むこと(予防と治療)

  (毎日のセルフケアをしっかりと行い、定期検診を必ず受けていることなど)

3)手術を行えないような、病気がないこと(重い糖尿病、肝臓病、脳血管疾患など)

【ご質問2】

「医院によってインプラントの金額は違うのですか?どうして違うのですか?」

【院長からの答え】

歯科の自費治療の金額というのは、基本的には、材料費と技術料で構成されています。

特にインプラントは、実は、材料も、歯科医師の技量も、ピンからキリまで、様々なのです。

材料には、とびきり安い外国産のものも存在します。

ですから、材料の質と技術のレベルを落とせば、金額を安く設定することは可能と言えば可能ですが、安心・安全を最優先に考えているので、それは全く私の考え方ではありませんし、皆様にとっても本望ではないだろうと思います。

当院では、世界的に最高品質のインプラントメーカーの中から、現時点で日本人に最適と私が判断した1社のみを採用しています。また、手術方法も、患者さんのお口の中の状態に合わせ、できるだけ外科的な侵襲を少なくして、腫れや痛みを最小限にするように取り組んでいます。

ですから、「よその歯科医院でインプラントがもっと安かったからそれと同じ金額にして」と言われても、残念ながらそれはできません。もともと安売りできるようなものではないのです。

また、私たちは、上質な材料と十分な技量で、安心・安全を最優先した治療を受けていただきたいという考えで、インプラントだけでなく全ての治療に取り組んでいます。

【ご質問3】

「インプラントするために抜かなくていい歯を抜かれるんじゃないの?」

【院長からの答え】

私が「抜かなくていい歯を抜く」ということは絶対にありません。

なぜなら、なによりも歯を残すことが、歯科医師として私の最大のテーマだからです。筑後市のまちの歯科医院では、あり得ません。

ただ、「歯を抜く」ということも治療としてはありえると考えていただきたいと思います。

たとえば、重度に進行した、ひどい歯周病であれば、抜かないで放置すると骨までまるごとダメになってしまい、次の治療がたいへんしにくくなる場合があります。

また、骨から全身に菌がまわる場合もあります。体が異物と判断するような非常に状態が悪い歯や残すことで全体に悪影響がある歯は、あくまで治療としてですが、抜かなければならない場合もあるのです。どうぞご理解下さい。

以上3点、患者さんからとても大事なご質問をいただきました。同様のご質問をお持ちの方もいらっしゃるかと思い、書面にて回答をさせていただきました。

通院される中で、ご質問や、疑問を感じることがございましたら、どのようなことでもかまいませんので、まちの歯科医院のスタッフにお声かけくださいませ。

これからも、お口の健康を通して、皆様の全身の健康作りとサクセスフルエイジング(健康長寿)のお手伝いができましたら幸いです。

採用しているインプラントシステム<スプライン>

筑後市 まちの歯科医院では、Zimmer Dental社の「スプラインシステム」を採用しています。

スプラインシステム

スプラインシステムについて

「スプラインシステム」は、HA( ハイドロキシアパタイト)という、ヒトの骨の成分を構成している物質で全体をしっかりとコーティングされていて、骨と化学的にくっつきます(バイオインテグレーションといいます。)ので、条件の悪い顎の骨とでも、しっかりと結合することが最大の特徴とされています。

バイオインテグレーション

スプラインシステムのHAコーティングの技術と完成度は世界最高水準で、臨床的にも良好な治療成績と非常に高い評価を積み重ねています。

スプラインシステムのHAコーティングの技術と完成度

具体的に言うと、術後の腫れや痛みも軽度で、一定の条件がそろえば、抜歯後すぐに埋入が可能なので比較的早期に歯を入れることができる可能性があります。 (抜歯即時インプラント治療)

まちの歯科医院の院長 内山は、「歯を抜くのが専門」の口腔外科の出身ですが、歯を保存するための「歯内療法」「歯周治療」と、歯を全部失ってしまった人のための「総義歯治療」そして、かみ合わせを良くするための「咬合治療」をテーマにトレーニングを重ねてきました。

26年の臨床歴になりますが、その間、インプラントは頑なに採用してきませんでした。「歯をがんばって保存すれば、入れ歯でもそこそこ機能回復ができる」からです。ところが、それでもなかなか噛めるようにならずに、納得のできない方がいらっしゃるのも、また、事実です。

そういう、入れ歯で苦しんでいる人たちを image-2.jpeg

「より多く、救ってあげられるのではないだろうか」

「入れ歯よりもよく噛むことができて、食事もよりおいしくなるはずだ」

ひいては、

「よく噛めることで、全身の健康回復と維持にもつながるはずだ」

というのが、当院でインプラントを導入した最大の理由です。

インプラントは、顎の骨に直接結合しますので、粘膜で支える「台つきの入れ歯」よりも圧倒的に大きな力を支えることができます。そして、部分的に歯を失ったとき、周囲の歯を犠牲にすることなく、歯を入れることができる、優れた方法でもあると思います。

長期に経過した症例も全世界的に増えてきて、再評価も進み、最近では、非常に経過が良く、長持ちするようになっています。

けれども、インプラントは、生体にやさしいものですが、異物であることを前提に注意深く取り扱わなければなりません。

つまり、歯を失ったところに、「失った理由をよく考えずに」入れるのには賛成できない治療方法です。

かみ合わせや咀嚼運動の診断やむし歯と歯周病へのしっかりとした対応はもちろんのこと、毎日のブラッシングや各種クリーニング器具による充分なプラークの除去(セルフケア)と歯科医院でのプロフェッショナルケア(メインテナンス)が、必ず必要ですので、それが「面倒だからしたくない」人にはまったく不向きな治療方法だと言えます。

筑後市 まちの歯科医院 小児歯科では、3~4か月に一度の検診とプロフェッショナルクリーニングを10年保障の条件にしています。

インプラントは、自費診療です

<まちの歯科医院 インプラント治療 費用の目安>

CT撮影・診断料 (診断料も含む)

¥30,000

模型診断料

1~5歯 (1歯につき) ¥3,500

6~9歯 (1歯につき) ¥4,500

10歯以上(1歯につき) ¥5,000

インプラント料金

スプラインインプラント 1本 ¥350,000~(10年保障料を含む)

上部構造(歯の頭の部分)は、別途製作料が必要です。

抜歯即時埋入 加算  1本 ¥50,000(骨補填材 β-TCP 材料料も含む)

CGF精製・応用料 1回 ¥25,000(採血キット,技術料などをすべて含む)

骨補填材(β-TCP)1グラム  ¥20,000

フラップレス加算    1本 ¥30,000

暫間インプラント       1本 ¥20,000

ジンジバルカフ(ヒーリングスクリュー)1回法の場合 ¥5000

上顎洞挙上術      1歯 ¥50,000

(クレスタルアプローチ)

より痛みの少ないインプラント治療を求めて(CGFの可能性)

メディフュージという器械を導入しました。

メディフュージ

患者さんご本人の血液を採取し、CGFを生成する遠心分離機です。

CGF(Concentrated Growth Factors)とは、損傷された組織の再生・治癒に働く「成長因子」を多く含んだ血小板がさらに濃縮されているものです。

わずか13分で下のような卵の黄身状のフィブリンゲルが出来上がります。

フィブリンゲル

これを圧迫すると、非常に弾力性のあるフィブリンの膜ができるので、いろいろな「再生治療」への応用が期待できます。

(たとえば、歯周病の治療やインプラント治療など) 

CGFの応用例

当院でのCGF精製例です。

ガラスの採血管を用いて採血したものを、メディフュージで遠心分離し、精製します。

CGF精製例

すると、上記のように卵の黄身のようなCGFができます。

ガーゼで圧迫してメンブレン(膜)を作製

これを上記のようにガーゼで圧迫してメンブレン(膜)を作製します。創面に貼付して、保護膜のように使っています。

他にも、いろいろな応用法があります。

抜歯後すぐに行うインプラント治療

歯を失った後に、歯を取り戻して機能回復するためのインプラント治療ですが、どのタイミングが痛みなどの苦痛が少なく、効果的なのでしょうか?

implant

賛否両論あるでしょうが、歯を失うことが決定的になった時に、抜歯後の状態などを予測・診断して治療計画を立てる「抜歯即時埋入」の術式が非常に効果的だと考えています。

implant

筑後市 まちの歯科医院では、条件さえ許せば、歯を限界まで保存することを試みます。スタッフ全員で全力をつくします。

しかしながら、結果としてその歯を抜かなければ、さらに状況が悪化したり、良くない結果が予測される場合には、あえて「抜歯」をお勧めすることがあります。

その後、どのようにして機能回復をしていくかは、患者さんご本人に決定権があるものです。私たちが一方的に決めることではないことは、当然のことです。

そのためにも、まちの歯科医院では、「カウンセリング」と「コンサルテーション」を特に重視して実施しています。

まちの歯科医院でのインプラント治療の流れ

基本的には、診療の流れ で示したように治療が進みますが、術前診査にCT撮影を行います。

CT撮影

歯が無いところに、「ここだけ、すぐに入れられないでしょうか」と聞かれることがありますが、基本的にそのような治療ではないので、お断りしています。

CT撮影

CT画像を使って治療計画を立てるので、事前にインプラントの長さや太さ、入れる位置、傾きなどを手術の前に詳細にシミュレーションすることができるようになりました。

ct03

CTによる術前診査だけでなく、かみ合わせや顎の適正位置、周りの歯の状態、骨の状態などを総合的に判断して、安全に入れられるかどうかということから、慎重に判断しています。

インプラントの研修に行ってきました。(FIDI修了)

4月21日、22日は、FIDIの最終回でした.休み時間も惜しむように講義・デモ・実習と最後まで盛りだくさんの研修でした。

今回の研修では、講師の林揚春先生のオフィスに勤務されている、歯科衛生士の安達恵利子さんのすばらしい講演がありました。

歯科衛生士の安達恵利子さん

 

歯科医院での食事指導(食育)や咀嚼指導の考え方と実際を丁寧にかつエネルギッシュに話されました。

机上の空論ではなく、理論と根拠に基づいた、とてもわかりやすい内容で受講した先生方やスタッフの皆さんも、感銘を受けていたようでした。

これから、歯科衛生士が大いに活躍できる場を、当院でも整備してきていますので、私にとっても、勇気の出るようないい話でした。

このFIDIの研修コースは、患者さんの健康長寿(サクセスフルエイジング)を支える歯科医療をテーマに、「噛める」こと、低侵襲で「痛くない」、「腫れない」、患者さんにやさしいインプラント治療をコンセプトにしています。

FIDI修了

まちの歯科医院の診療理念のもと、さらに研鑽を積み、患者さんにとって、幸せな治療結果を提供し続けていきたいとあらためて感じた2日間でした。

インプラントの研修に行ってきました

H24年2月4日と5日は、東京八重洲でインプラントの研修に行ってきました。

FIDIの6日間コースです。

2日間、講義、デモンストレーション、実習、症例検討会とタイトなスケジュールで、非常にハードでしたが、充実感いっぱいの研修でした。

講師陣

なぜ、FIDIなのか?

ということですが、「しっかりと噛むことが、健康長寿の源である」という考え方を基本にし
ていて、しかも、患者さんに、低侵襲(できるだけ体にダメージを与えないように、必要最小限の外科に抑える)のインプラント治療をコンセプトとしているからです。

(某テレビ局が行った、ネガティブキャンペーンともとられかねない、インプラントの特集も話題に上がりましたが、あの内容とは、一線を画す、とてもハイレベルな安心・安全なインプラント治療を展開していらっしゃる先生方が、講師をつとめていらっしゃいます。)

これは、「全身の健康を支える歯科治療」を目指す、まちの歯科医院のコンセプトにも通じるところがあったので、励まされるような、元気が出た2日間となりました。今回習得した考え方とスキルを患者さんのために役立てていきたいと思っています。

インプラント研修会に行ってきました

4月9日は、鹿児島市にある「ふなさき歯科医院」で、上顎の「抜歯即時ソケットリフトインプラント埋入手術」という非常に難易度の高い手術のライブオペを受講しました。

ライブオペを受講

舩崎先生は、HAインプラントを用いた、「外科侵襲の少ないインプラント治療」を実践していらっしゃる日本でも屈指の臨床家です。筑後市まちの歯科医院院長 内山の大学の先輩でもあります。

腫れない、痛くない、抜歯と同時にインプラントできるというのは、HAインプラントの得意とするところでしょう。

患者さんのストレスが極めて少なく、これからのインプラント治療の主流になるかもしれませんね。

PAGETOP