まちの歯科医院では、歯の生え替わり時期とお顔の骨組みがダイナミックに変化する時期が重なる6歳から8歳ぐらいの乳歯と永久歯が混在している時期に、かみ合わせの治療を始めるのが最適だと考え、顎顔面口腔育成治療に取り組んでいます。

よく,「こどもの矯正治療はいつ始めたら良いですか?」と親御さんから聞かれることがありますが,気になったときが始め時と考えています.

この顎顔面口腔育成治療の良い点はいくつかありますが、その最大の利点は、

「お顔のバランスが良くなり、自然に歯がほどよい場所に並ぶように誘導していく」

ということです。

かみ合わせの育成に各種の装置を組み合わせて用いています.

子どものかみ合わせ育成治療