インプラントとは、欠損あるいは外傷を受けた部位に埋め込むために、人工的に作製した器官・組織の代替物です。

歯科で行われているインプラントは、歯を虫歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、骨に直接維持を求めた人工の歯のことを言います。

インプラント

従来の治療は

従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削って、ない部分の歯をつくったり、取り外しの義歯を作ったりしていましたが、ブリッジ治療だと失った歯を作る為に両隣の歯を削らなければならず、削った歯の寿命が短くなったりすることがあることや、取り外しの入れ歯は、堅い物を咬むと痛みがあったり、咬む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではないというデメリットがありました。

そこで、入れ歯が痛かったり動いたりして、食事が不自由な人の為に開発されたのが、失った歯の代わりとなる人工の歯、第二の永久歯と言われるインプラントです。

人工の歯根をあごの骨に埋め込み、その上に天然の歯とほとんど変わらない見た目の人工の歯を入れるので、見た目に優れているだけでなく、自分の歯と同じようにしっかりと噛むことができます。

インプラントは、骨との親和性の高いチタン金属の人工歯根を利用することで、自分の歯と同じような感覚で食事をしたり、 お話したり出来る新しい歯科治療の技術ですが、あごの骨に穴をあけて人工の歯根を埋め込むという手術が必要になります。

またインプラントは、保険が適応されない自由診療となりますので、費用は1本数十万円となりますが、保険適応で治療できるブリッジ治療のように健康な歯を削る必要もなく、入れ歯のようなガタつきもなく、自分の歯と同じように噛むことができます。

そして、きちんとした手入れと定期的なメインテナンスを続ければ、その治療効果は何年にもわたって持続するものです。

筑後市でインプラントをお考えの方は、ぜひ当院にお任せください。