「つめもみ」の効果

3月になり、だいぶ春めいてきましたね。ただ、まだ急に気温が下がったり、暑いぐらいになったりで体調を崩しやすいのでご注意くださいね。また、新型コロナウイルスのオミクロン変異株が猛威を振るっていて、やや減少傾向とはいえ、感染者(本当は検査陽性者ですが)が数多く報告されていますので、これも充分に注意が必要です。症状が無くても検査陽性になってしまったり、濃厚接触してしまうと日常生活が著しく制限されてしまいますので、今後も当分気を抜かずに生活していく必要があるでしょうね。うがい、手洗い、洗顔、マスクの着用、密集を避ける...などなど、基本的な感染予防対策にも取り組んでいただきたいと思います。

それにプラスして免疫力アップにも取り組まれたらいかがでしょうか。免疫力を保つには、充分な栄養と睡眠をとって、体をできるだけしっかりと休ませることも大切です。今頃のような季節の変わり目には、自律神経のバランスも崩れやすく、毎年体調不良の方も増加しやすいようです。

簡単に取り組める免疫力アップの方法【つめもみ】

そんなとき、ちょっとオススメなのが、「つめもみ」です。左右5本の指のつめの付け根あたりを反対側の手の人差し指と親指で「ぎゅ~~~っ」とつまみます。このとき、少し痛いぐらいにしっかりと押さえるのがコツです。時間は、各指十秒ぐらい。薬指以外が副交感神経を刺激する作用があるといくことですから、毎日多くのストレスを抱えている方にとって,全身をリラックスに導く効果があるようです。

特に小指は、いろんな症状のツボなので、二十秒を目安に押さえます。足の指も同じように押さえるとより効果的だということです。各指にそれぞれ効果を示す症状がありますので、詳しくはネット検索や書籍でご確認ください。

この方法は、新潟大学医学部教授の安保徹先生と日本自律神経免疫治療研究会理事長の福田稔先生が提唱されている、自律神経を整える方法で、「ガン、リウマチ、ぜんそく、糖尿病、高血圧、不眠、うつ、耳鳴り、メニエル病」など本当にたくさんの種類の病気や症状の改善に効果があるとされています。

 

「薬不要の体調改善法

実際、まちの歯科医院に通院中の皆さんにご紹介したところ、「よく眠れた」「高血圧が良くなって、薬がいらなくなった」など、良い体験が続出しています。この方法の良いところは、薬に頼らずに症状が改善されることだと思います。ぜひ、皆さんも始めて見て下さい。ご興味のある方は、ご連絡いただければ、くわしくご説明いたします。

どうぞ、遠慮なくお知らせ下さいませ。

前の投稿

危険!砂糖依存症

危険!砂糖依存症
知ったら怖い子供の歯周病
次の投稿

知ったら怖い子供の歯周病