筑後市 歯石取り

歯の周りにむし歯菌や歯周病菌が集まり、ねばねばとした塊を作りますが、それを日本語では「歯垢」といい,英語ではプラークと言われます。

そのプラークに唾液のカルシウムなどがくっついてきて、歯の周りに固い石状になって、付くのが歯石です。

食べカスが固まると歯石になると思っている人もいらっしゃるようですが、そうではなく、細菌の塊が石灰化したもの(硬くなったもの)つまり、「巨大で頑丈な細菌のマンション」が歯石です。

歯磨きをしっかり行なうと、歯石の元となる歯垢(プラーク)が毎日確実に取り除かれるので、歯石が出来にくくなりまが,放置しておくと、その歯石の中に細菌が多く含まれた、より毒性の強い歯石が歯茎の中の方についてくる場合があり、それが歯周病の進行を早めることになります。

歯石は歯ブラシで取れるものではないので、歯の健康維持のためにも、定期的に歯石取りをするために歯医者に行くことは、歯周病の予防や進行を抑えるためにとても大切なことです。

歯石は器具を使って取るために、頻繁に行なうと歯が削れると心配される方もいらっしゃいますが、超音波タイプの歯石取り機は、振動が強く感じることがありますが、先端チップの超音波振動で石灰化している歯石だけを壊してバラバラにするので、一般的には歯に直接当てていても歯が削れる程ではありません。また,現在まちの歯科医院で使用している超音波装置は,非常に安全性が高いのでどうぞご安心ください。

注意しなければならないのは、歯石が少しずつ長期間かかって大量に歯の周囲を取り囲むように付着した場合で、そうなると、感覚的に歯石を含めた全てが自分の歯だと思いこんでしまうことがあり、一度に歯石だけを綺麗に取り除くと、急に歯が小さく感じられ、歯と歯の間の歯石がなくなり、空いてしまうこともあるため、歯が削れたという誤解をすることがありますが、そういうことはありません。歯と歯の間に貯まって、歯肉を徐々に押し下げるように大きくなっていく歯石は、そもそも細菌の塊ですので、歯と歯の間が空いてしまってもしっかりと除去しなければ、健康を守ることができないとご理解いただきたいと思います。

歯石取りは虫歯予防というより、歯周病予防や口の中の環境を整えるために出来るだけ定期的に行うと考えられたら良いと思います。まちの歯科医院では、治療後の経過を慎重に見極め、丁寧にメインテナンスすることにしています。

歯医者に通う理由を「健康を守るため」に決めていただくだけで、あなたのお口の中は長く健康な状態を保つことができて、いつまでも自分の歯でおいしく食べられることになっていくのです。

 

歯石取り

筑後市で歯石取りなら当院にお任せください!

そして,歯石を取った後は,丁寧なセルフケアで,長く良い状態を保ちましょう.

前の投稿

高騰している保険の銀歯治療の欠点とは?

高騰している保険の銀歯治療の欠点とは?