インプラントをする前に

Dentsts dental tooth implant

インプラント治療の前に歯周病の治療を

何らかの原因で歯を失ってしまった場合、あごの骨の中にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける「インプラント」がその治療法のひとつとして考えられます。

筑後市のまちの歯科医院では、抜歯した後すぐにインプラントを埋入する「抜歯即時インプラント治療」も行ってはいます。ところが、インプラント治療をすることに決めたら、どんな状態でもすぐに入れることができるかというと、必ずしもそういうわけではありません。

例えば、歯周病菌が活発に活動している、歯周病が重度に進行している状態の患者さんの場合は、インプラント治療自体を避けた方がよい場合も多々ありますし,歯周病の治療を全くせずにインプラントを入れると、インプラントの周りの歯肉や骨に炎症を起こす「インプラント歯周炎」という病気になるリスクが非常に高まる恐れがあります。

インプラント歯周炎になると、歯肉が腫れたり、膿が出たりするだけではなく、進行すればインプラントを支えている骨までが溶けだし、せっかく入れたインプラントが台無しになり、あまり長くもたずに、除去を余儀なくされる場合があるのです.また、歯周病の場合だけでなく、前後左右のかみ合わせのバランスが適正でない場合,インプラントの隣の歯や噛み合っている歯がダメになり、ぐらついて抜けてしまったり、割れてしまって抜歯せざるを得ないことになってしまうこともあります。インプラント周囲炎の場合、歯肉を切開して治療をすれば治るケースもありますが、最悪の場合はインプラントが抜け落ちる!なんてことにもなりかねません。そんな事態にならないためにも、インプラント治療の前には、お口全体の検査と慎重な診査と診断が必ず必要になりますし、もし、歯周病がある場合はきちんと、徹底的に治療をして、その進行を止めておくことがとても重要です。

噛み合わせのチェックも大切!!

また、上で書いたように噛み合わせに問題がある場合は、インプラント治療の前に、あごの左右のズレや、高さのズレ、前後のズレなどを修正する噛み合わせの治療も必要になり、包括的にアプローチする必要が出てきます。

不自然でアンバランスな噛み合わせのままインプラントを入れると、異常な力がインプラントにかかるなどしてトラブルの原因になることが多くあるからです。「たかが歯のこと」と安易に考えがちですが、実は噛み合わせが悪いままでいると、頭痛や肩こり、顔のゆがみ、原因不明の体調不良など全身への悪影響が出てくる「咬合病」を発症してしまう恐れもあります。

インプラントを長く快適に使えるようにするためにも、インプラントを入れる前のお口のトータルな環境整備と準備治療はとても大切で、安全で長持ちする、より良い治療をするためには不可欠なものなのです。いずれにしても、インプラント治療は外科的手術を伴いますし、完全自費診療ですので、保険治療よりも費用も高額になります。

ですので、急いで結果だけを求めるのではなく、患者+ドクター+歯科衛生士+歯科技工士がしっかりと協力して、じっくりと腰をすえて取り組むと良いでしょう。もし治療について分からないことや不安なことあれば、そのままにせずに担当医やスタッフに相談するなどして、納得した上でより良い治療を受けていただきたいと思います。

前の投稿

知ったら怖い子供の歯周病

知ったら怖い子供の歯周病