歯医者の役目は、矯正歯科としての役目も大きく、筑後市のまちの歯科医院にも、歯の矯正のために通院されている患者さんが、いらっしゃいます。

矯正歯科に通う患者さんは、見た目の歯並びの悪さを気にされている方、あるいは学校での歯科検診で、歯の矯正を勧められるケースも多いと思います。

矯正歯科・歯科健診

歯並びがどのようになったら矯正歯科に通う?

では、どんな状態の歯並びであれば、矯正歯科への通院が必要かと言えば、八重歯のように、どこか一部だけの歯が出たり、重なっている状態の歯並びでしょう。

小さい女の子の場合、一見この八重歯が可愛らしい印象を与えることもありますが、実は、八重歯は犬歯で、犬歯はかみ合わせに重要な役割を持つ歯なので、犬歯が正しい位置にないということは、物を食べる時には、他の歯に負担がかかり、健全な歯が、いずれ抜けてしまうという事にもなりかねません。

そのために、八重歯治療のために矯正歯科に相談に来られる方も多いのです。

歯並びや咬む合わせが悪くなる原因はいろいろありますが、の多くが子どもの頃からお顔の成長方向が下に下がってしまうことだという研究成果があり、注目されています。

顎顔面口腔育成治療に取り組んでいます

まちの歯科ではそのかみ合わせが悪くなる原因に着目し、それを時間をかけて直していく顎顔面口腔育成治療に取り組んでいます。

さらに矯正歯科で受けるご相談としては、上の歯全体、あるいは上あごが前に出ている、いわゆる出っ歯の治療のご相談も多くあります。

また、逆に下あごがでている、うけ口の矯正も矯正歯科の治療によって改善することができます。
出っ歯やうけ口は、まずは見た目を気にされて、矯正歯科に相談されることが多いと思いますが、矯正歯科で、矯正の重要性を説明させていただくと、見た目以上に矯正の必要性を実感されると思います。

かみ合わせの悪さは、様々な弊害を生むこともあります

矯正を行う理由としてもちろん見た目も重要ですが、一番気にしていただきたいのは、歯のかみ合わせの悪さです。

小さい頃から、出っ歯やうけ口の状態で物を食べていると、それが当たり前になってしまっているかもしれませんが、かみ合わせの悪さは、様々な弊害を生むこともありますので、適切な矯正を受ける必要があります。

当院では、かみ合わせの育成と成人矯正を分けて、矯正専門医とタイアップしながら適切なタイミングと方法を提案しています。

歯の状態は、遺伝や生活習慣が影響することもありますが、矯正歯科で、きれいな健康的な歯と歯並びを手に入れてはいかがでしょうか。

もし、子どもの矯正歯科をお探しであれば、筑後市のまちの歯科医院にご来院ください。