H24年2月4日と5日は、東京八重洲でインプラントの研修に行ってきました。

FIDIの6日間コースです。

2日間、講義、デモンストレーション、実習、症例検討会とタイトなスケジュールで、非常にハードでしたが、充実感いっぱいの研修でした。

講師陣

なぜ、FIDIなのか?

ということですが、「しっかりと噛むことが、健康長寿の源である」という考え方を基本にし
ていて、しかも、患者さんに、低侵襲(できるだけ体にダメージを与えないように、必要最小限の外科に抑える)のインプラント治療をコンセプトとしているからです。

(某テレビ局が行った、ネガティブキャンペーンともとられかねない、インプラントの特集も話題に上がりましたが、あの内容とは、一線を画す、とてもハイレベルな安心・安全なインプラント治療を展開していらっしゃる先生方が、講師をつとめていらっしゃいます。)

これは、「全身の健康を支える歯科治療」を目指す、まちの歯科医院のコンセプトにも通じるところがあったので、励まされるような、元気が出た2日間となりました。今回習得した考え方とスキルを患者さんのために役立てていきたいと思っています。