筑後市のまちの歯科医院、小児予防歯科では、歯を失ったところにかみ合わせを回復させるために有効な治療方法のひとつとしてインプラント治療を行っております。

インプラントの構造

部分入れ歯やブリッジなどでも治療は十分できますが、歯を失った部分の粘膜の土手やかみ合わせの状態によっては、調整に長期間かかったり、なかなか妥協できる使用感にならないこともあります。

また、部分義歯は、噛みあわせを支える粘膜と、 歯を止めるためのフックをかける歯に負担を強いるため、フックをかける歯がダメになったり、義歯が壊れたりすることもあるため、定期的なリニューアルや再作製が必ず必要な治療方法です。

歯を支えていた骨に人工歯根を植える

一方、インプラント治療では、歯を支えていた骨に人工歯根を植えることができ、粘膜の上に歯の頭を出すことができるので、しっかりとした土台の骨がありさえすれば、単独で噛みあわせを回復できる可能性があります。また、歯を削ることがないため、残った歯に対しては、優しい治療と言えるでしょう。

しかし、手術が必要になりますし、比較的治療期間が長くなるというデメリットもあります。そして、インプラントを支えるのに必要十分な骨がないと、入れることができません。

また、術後10年で90%以上が残存、機能し、成功しているとはいえ、インプラントの上部構造(上の図をご参照ください。)であっても、決して永久にもつものではないと理解する必要があります。

非常に高度な診断力とテクニックが必要になり、後戻りが難しい治療ですので、精密に診査と診断を行い、お口の中全体のよりよい状態を作るための治療計画をしっかりと立てて、特に慎重に行うことが必要です。

筑後市 まちの歯科医院