当院では、小児歯科にも対応しています。

歯磨きをしている園児

乳歯をむし歯にしない環境づくり

まちの歯科医院で小児歯科治療を行っているのは、子供のむし歯を見つけて治療したいわけではなくて、一生むし歯で困らないための基礎作りとして、乳歯をむし歯にしない環境づくりをすることが、何より大切だと考えていて、そのお役に立ちたいと願っているからです。

ところが、小さなお子さんでも、大きく穴が開いたむし歯では、できるだけ早く治療しなければならない時もあります。それは、乳歯は、小さくてとても弱いため、むし歯が速く、深く進んでしまうからです。

深いむし歯は、神経に近いので、痛み止めの注射をしないと触ることさえできないこともあります。歯医者の注射は、多くの場合が、筋肉注射とちがって、少しチクリとするくらいで思ったほど痛くはありませんが、大人でもイヤな治療ですから、子どもさんは、とてもいやがったり、泣いたりしてしまうことがよくあります。

そんな時、「イヤだったね」とか「連れてきてごめんね」などという方がいらっしゃいます。また、ただでさえイヤな事なのに「そんなことしたら、注射してもらうよ!」とか、「歯医者で、ギーしてもらうからね!」と言って、歯医者をダシにして怒り,わざわざ、歯の治療をひどく怖がらせるように仕向けてしまう方がいらっしゃいます

私たちは、必要も無いのに、いきなりそんな乱暴なことはしません。それなのに、そんな言葉を聞くと、とても残念で、悲しい気持ちになってしまいます。

ぜひ、「よくがんばったね!」「えらかったね!」「はやくよくなって、歯を大事にしようね」と、励まし、ほめてあげて、早く、きちんと予防のプロセスに入ってほしいと願っています。