福岡県筑後市和泉 | むし歯と歯周病の予防、入れ歯とインプラント治療で 最善の歯科治療を追求
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • むし歯

タグ : むし歯

予防歯科

まちの歯科医院がめざす真の予防とは?

まちの歯科医院では、予防をとても大切にしています。当院の予防のコンセプトは、「むし歯と歯周病を発症させない」ということです。

まちの歯科医院院長

歯科の予防を完璧に成功させるのは、不可能ではありません。皆さんが正しい知識を身につけていただいて、それを毎日の習慣として実践していただくことが、まず、必要です。

日本では、いまだにむし歯に気づいてからか、何か不具合(痛くなってきたとか)が出てからしか歯医者を利用することが無い方たちが多くいらっしゃいます。

それは、とても損なことだと私たちは考えています。

なぜなら、定期的に歯科を受診してむし歯の初期変化の有無をしっかりと観察し、ブラッシングのチェックとクリーニングを受け、歯と歯ぐきを強化するだけでも、病気のリスクを大幅に少なくすることができることを知っているからです。

むし歯は自分で治せるうちに治しましょう!!

「再石灰化」という言葉をご存知ですか?

お口の中は、常に唾液があって、口の中の粘膜を湿らせ、保護しています。その唾液には、さらに驚くべきパワーがあるのです。

それは、再石灰化という、溶け始めた歯の表面を元に戻してくれる力です。一方、歯を構成しているミネラルなどの成分が溶け出すことを、「脱灰(だっかい)」といいます。

この脱灰と再石灰化のバランスが良く、お口の中がうまく再石灰化させるようになれば、むし歯になりにくく、また、溶け始めたばかりのごく初期のむし歯は元にもどります。(穴が開いたものはダメですよ。)

これが、むし歯予防の考え方の大切なポイントでもあります。

むし歯と歯周病を予防したい!と真剣に考えている方

は、以下のことを実行してください。

1.まずは、歯によい食習慣歯によいブラッシングの習慣作りをがんばりましょう。

「食事だけで予防する」と考えるのも、現在のような日本の食糧事情では、現実的とは言えないと考えていますが、砂糖を含む食品、スナック菓子などでの間食は極力さけて、全身の健康にも良い「食」生活を目指して下さい。砂糖摂取の制限もむし歯予防の大事なポイントです。

また、 「ブラッシングなし」では、予防はできません。

ただし、歯磨きだけで予防しようと考えるのも、不十分です。なぜなら、これだけ歯磨きの重要性が認識されていて、子供が歯磨きの習慣を確立しているにもかかわらず、むし歯はいまだに0(ゼロ)にはなっていないからです。

(平成17年の歯科疾患実態調査では、5歳児で、すでに、半数以上が未処置歯や治療済みの歯があることがわかっています。)

また、正しい「歯磨き」は、理解し、実行することが非常にむずかしいです。 しっかりと時間をかけてブラッシングしたとしても、「はみがきだけでは、むし歯はなくならない。」と言えます。

では、さらに、どうしたらより効果的にむし歯予防ができるのでしょうか?

染め出し 

2.フッ素を上手に利用しましょう。

予防効果が高まり、多少の磨き残しはカバーしてくれます。

ただし、誤解しないようにしてほしいのですが、フッ素を使いさえすれば、砂糖や間食や食事のリズムはどうでもいいわけではありません。あくまで、上記「1」に取り組んだ後、さらに予防効果を上げ、安定的にむし歯のリスクをコントロールできる可能性が高まるという意味です。

具体的にどのように使うかは、来院していただいた時に、くわしくお伝えすることにしています。使えばいいというものでもありません。効果的な利用方法があります。

最近では、ご家庭でできるフッ素がいろいろ出ていますので、使用方法などを受診していただいたときに、くわしくお伝えしています。フッ素の急性中毒などのリスクはない利用方法がありますから、正しく理解して、「上手に利用」すればよいのです。

3.定期的に、病気にならないために歯科医院を受診しましょう。

歯科には定期的に受診して、必ず経過をチェックしてもらいましょう。

むし歯や歯周病の診断では、経過を継続的に見ていく事が非常に大切です。そして、歯とお口の状態の記録を詳細に行って、変化があれば、削ってつめる治療が必要かどうかを慎重に検討するのです。

年に1度っきりの検診は、残念ながら大して予防に役立ちません。それは、削ってつめる治療につながりやすい歯科の利用のしかただからです。

なぜなら、人生のほんの一瞬を断片的にしか判断できないので、「進むかもしれないから、削って詰めておこう」という診断になりかねないのです。

しかも、検診の判断基準は、実は、各歯科医師によってまちまちで、バラつきがあり、ある医師が見れば(定期的な経過観察と予防処置を前提にした上で)「健全」という判断でも、他の(削って詰める、早期発見・早期治療タイプの考え方の)医師が見れば、「治療が必要な初期むし歯」と判断されることさえありえるのです。

これが、「かかりつけの歯科医院」を持ったほうが良い理由のひとつでもあります。

経過を診た後は、徹底的なクリーニングで歯と歯ぐきを強化しましょう

さらに徹底したクリーニングと歯石などの汚れの除去、フッ素塗布による歯の強化を受けてください。 削ってつめたり、歯を抜いたりするわけではないので、ストレスも少なく、クリーニングが終わった後は、すっきりとした気分になります。

むし歯と歯肉炎がない、健康なお口」を育てていくための予防クラブきっずくらぶこちら

こどもの治療について 院長からお願い

当院では、小児歯科にも対応しています。

歯磨きをしている園児

乳歯をむし歯にしない環境づくり

まちの歯科医院で小児歯科治療を行っているのは、子供のむし歯を見つけて治療したいわけではなくて、一生むし歯で困らないための基礎作りとして、乳歯をむし歯にしない環境づくりをすることが、何より大切だと考えていて、そのお役に立ちたいと願っているからです。

ところが、小さなお子さんでも、大きく穴が開いたむし歯では、できるだけ早く治療しなければならない時もあります。それは、乳歯は、小さくてとても弱いため、むし歯が速く、深く進んでしまうからです。

深いむし歯は、神経に近いので、痛み止めの注射をしないと触ることさえできないこともあります。歯医者の注射は、多くの場合が、筋肉注射とちがって、少しチクリとするくらいで思ったほど痛くはありませんが、大人でもイヤな治療ですから、子どもさんは、とてもいやがったり、泣いたりしてしまうことがよくあります。

そんな時、「イヤだったね」とか「連れてきてごめんね」などという方がいらっしゃいます。また、ただでさえイヤな事なのに「そんなことしたら、注射してもらうよ!」とか、「歯医者で、ギーしてもらうからね!」と言って、歯医者をダシにして怒り,わざわざ、歯の治療をひどく怖がらせるように仕向けてしまう方がいらっしゃいます

私たちは、必要も無いのに、いきなりそんな乱暴なことはしません。それなのに、そんな言葉を聞くと、とても残念で、悲しい気持ちになってしまいます。

ぜひ、「よくがんばったね!」「えらかったね!」「はやくよくなって、歯を大事にしようね」と、励まし、ほめてあげて、早く、きちんと予防のプロセスに入ってほしいと願っています。

その1「超早期発見・継続的予防」で守る.という考え方を身につける

まちの歯科スタッフ

むし歯について、いまだに「早期発見・早期治療」と言っている人がいるとしたら、全く古い考え方のままか、とんでもない勘違いか..

をしているといって良いでしょう。

なぜなら、「食事」や「ブラッシング」などのむし歯の発症と進行にかかわる最大の要因を治療せずに歯を削ってしまったら、二度と元には戻らないばかりか、歯を失う第一歩を踏み出したことになるからです。

筑後市 まちの歯科医院 子供の歯を守る会(月1歯みがき塾)

まちの歯科医院 こどもの歯を守る会「きっずくらぶ」設立の趣旨についてお伝えします。

設立の主旨

この会は、

「子供を絶対にむし歯にさせたくない」

「すこしむし歯ができてしまったけど、今後は、しっかりと予防に取り組みたい」

と、思っていらっしゃる方とお子様たちの「むし歯予防サークル」「歯みがきの塾」として企画いたしました。

kodomo

むし歯予防のためには

  1. 健康によい良い食習慣・生活習慣を確立する
  2. 正しい歯ブラシとお口の清掃方法を身につける
  3. 家庭で低濃度フッ素を応用する
  4. キシリトールを使ってむし歯菌対策をする
  5. 定期的な来院によって徹底したチェック・クリーニング・医院用フッ素塗布を行うetc.などの総合的な取り組みが効果を発揮します。

中でも一番大切なのは、

正しいむし歯の知識と、家庭での積極的な取り組みそして、定期的なチェックです。

それらがうまくかみあわなかったために、定期的な受診が水の泡になってしまうことも残念ながら経験してきました。ブラッシングのトレーニングを行い、徹底的にクリーニングしたあと、定期的にフッ素塗布を行っても...です。

では、定期的な受診のその谷間で、何が起きているのでしょうか?自己流のブラッシングにもどるので,磨き残してしまう,フッ素は使わなくなってしまった、キシリトールでの細菌対策もいつの間にかしなくなった...などなど。

そうです。「モチベーション(やる気)の低下」が最大の理由なのです。

私たちは、

何とかして、受診していただいた方たちのむし歯予防を完璧に成功させたいと思っています。

それは、むし歯や歯周病の歯が1本もなく「よく噛める」=「おいしく食べられる」ということが、

「全身の健康と幸せな一生のために」必要不可欠なことであると思うからです。

そして、その実現のために、私たち、まちの歯科医院のスタッフは、具体的な予防歯科のノウハウをしっかりと蓄えてきました。

私たちは実際にいろいろな方法を試し、患者さんに負担が少なく、かつ効果の高い手法のみを厳選して皆さんにお伝えするようにしています。

しかしながら、当院にいらっしゃる方たちは、

あくまで生活者であり、毎日歯のことばかりを考えているわけではありません。

クラブ活動のようなむし歯予防サークル

そこで、欧米では今や常識となっている定期的チェックとフォローアップを、やる気を保ちながら、しかも気軽に受けていただけるように、クラブ活動のような、楽しみながらの来院+αの取り組みとして、むし歯予防サークルの設立を考えました。

ご家庭と歯科医院がしっかりと協力していく、橋渡しのような役割も期待しています。

私たちは

むし歯も歯周病も、取り組みのコツさえつかめば簡単に予防できるはずだ。

と考えています。それは、皆さんの正しい知識のもとに,セルフケア(ご自身や家庭での取り組み)とプロフェッショナルケア(歯科医院での取り組み)が両立することで、

比較的簡単に予防が可能であることを知っているからです。

このくらぶに参加していただくことで、私たちは、皆様のむし歯予防に対するモチベーション(やる気)を高め、それを高いレベルに保つお手伝いをしたいと考えています。

その取り組みは、お子様たちだけでなく、ご家族皆様の健康にも役立っていくはずだと確信しています。みんなでいっしょに力を合わせて、むし歯予防を成功させましょう!

キッズ

きっずくらぶの目標

1.永久歯でむし歯や歯肉炎が0!(ない!)

2.正しい健康の知識とプラークコントロールのテクニックを身につける。

3.永久歯でむし歯と歯周病を発症させないしっかりとした基礎作りをする。

筑後市 まちの歯科医院 きっずくらぶへのお問い合わせや小児歯科・予防歯科のご相談はお問い合わせフォームからどうぞ

PAGETOP