歯科コラム

妊婦さん必見!生まれる前からできるむし歯予防について

妊婦さん必見!生まれる前からできるむし歯予防について

 むし歯予防の先進国フィンランドでは赤ちゃんが生まれてくる前から予防歯科を行なっています。 妊娠するとホルモンバランスに変化が起こるし,精神的にも不安定になりやすく,何かと忙しくなることもあって妊婦さん自身の体へのケアが疎かになりがちです.…
おやつを食べてむし歯にならない方法あるの?

おやつを食べてむし歯にならない方法あるの?

おやつと言えば甘いもの? むし歯を予防するためには,「甘いもの」特にお砂糖を含むお菓子や清涼飲料水は,できるだけ口にするのを避けていく必要があります.シュガーコントロール(お砂糖の摂取制限)は,むし歯予防の基本中の基本です. しかし,そのた…
要注意!治療済みの歯もむし歯になります.(定期検診のススメ)

要注意!治療済みの歯もむし歯になります.(定期検診のススメ)

むし歯は治療したら安心でしょうか? 皆さんは「一度治療した歯は虫歯にならない」と思われますか?「かぶせてしまったし,歯医者で治療してもらったのだからもう安心?」いいえ,実はそうではありません。 歯と詰め物や被せ物の僅かなすき間(数μのすき間…
なぜ,歯磨きをしているのに歯が悪くなるのか??

なぜ,歯磨きをしているのに歯が悪くなるのか??

今までの歯科 意識改革が必要です. 従来の歯医者は,ほとんどの人にとって「歯が痛みだしたり,歯ぐきがはれたり,欠けたり,外れたり」という「何か問題があってから,修復治療のために行くところ」でした.また,「早期発見・早期治療」の名の下に,果た…
歯を失ったとき.周囲の歯に負担をかけない治療法

歯を失ったとき.周囲の歯に負担をかけない治療法

歯を失ったときにどのように治療しますか? 虫歯や歯周病にかかってしまって、治療の一環とはわかっているもの歯を失ってしまうと、とてもショックですよね。それと同時に食事や普段の生活にも何かと不便が生じてしまいます。そこで考えるのが、歯医者にかか…
インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」を予防しましょう!

インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」を予防しましょう!

インプラント周囲炎を正しく理解して正しく予防! インプラントは、そもそも異物を顎の骨に入れ込んで癒着させて固定式の歯として用いる方法ですが、上手く用いれば、入れ歯やブリッジに比べて、周囲の歯に対する負担を軽減し、長期間快適に使用できる可能性…
歯が抜けたまま放置しないで!

歯が抜けたまま放置しないで!

歯が抜けたまま放置するのは問題があります 「入れ歯やブリッジが合わなくて」「1本ぐらいなら」「目立たない所だから」と、歯の欠損をそのままにしている方はいませんか?その状態は見た目が悪いだけでなく、様々なダメージがあるのです。 お口にも全身に…
インプラントをする前に

インプラントをする前に

インプラント治療の前に歯周病の治療を 何らかの原因で歯を失ってしまった場合、あごの骨の中にチタン製の人工歯根を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける「インプラント」がその治療法のひとつとして考えられます。 筑後市のまちの歯科医院では、抜歯し…
知ったら怖い子供の歯周病

知ったら怖い子供の歯周病

子供も歯周病になることがある 皆さんは「歯周病」と言うと、どの年代の病気だと思われますか?ご想像のとお、ほとんどの方が中高年以降の方がかかってしまう病気で子供は関係ないと思われているかもしれません。ところが残念なことに、最近では子どもの歯周…