福岡県筑後市和泉 | むし歯と歯周病の予防、入れ歯とインプラント治療で 最善の歯科治療を追求
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯並び

タグ : 歯並び

筑後市の矯正歯科なら

まちの歯科医院は、筑後市の中央を走るJR鹿児島本線の羽犬塚駅から徒歩13分の、県道703号線に面した歯科医院です。
当院には虫歯の治療の患者さん、そして矯正歯科を希望する患者さんなどが、来院されます。

矯正装置を付けている男の子実は、この矯正歯科治療を希望される患者さんは、年々増える傾向にありますが、矯正が必要な患者さんが増えているというよりも、治療が必要だと認識する患者さんが増えていると言った方が、いいかもしれません。

昔は、断然、歯が痛み出してから、歯科を訪れる方が多かったものです。
虫歯になれば治療を行い、削って詰め物をして修復するか、歯を抜くか。
年を取れば歯が抜けても仕方がないので、その時には入れ歯にする。
そういった方が多かったのですが、最近は、予防という意識が高まり、予防のために矯正で歯並びを良くしようと考える方が増えているように感じます。

確かに、歯並びが悪ければ、様々な支障が出て、虫歯になったり歯周病になったりする傾向にあります。
できるだけ自分の歯を健全な状態で維持するには、矯正歯科が大きな役割を担っていると言えるでしょう。

まちの歯科医院にも、小学生や中学生が歯並びの矯正のために通院されています。

特に6歳から8歳ころまでに歯並びが悪くなる傾向がある場合は、かみ合わせを正しい方向へ育成していく、顎顔面口腔育成治療がとても有効です。

また、年を取ってから、歯並びが変化して、矯正歯科に通う方も増えています。
特に、高齢になってからも美味しく自分の歯で食物をかむことができるというのは、生活に潤いを与え、脳の刺激にもなり、老化対策にも大きな影響を与えるはずです。

この場合は、矯正専門医とタイアップして対応しています。

まちの歯科医院では、筑後市の住民の皆さんの、歯周病や予防歯科に取り組む歯科医院として、健康を守り育む歯科医療を実践しております。
その一環として、お口の育成治療も、重要な予防歯科と言えます。

丈夫できれいな歯を、出来るだけ長く維持することが、健康的な生活につながるはずですので、矯正歯科の受診をお考えであれば、まちの歯科医院にご来院ください。

 

矯正歯科を筑後市でお探しなら

歯医者の役目は、矯正歯科としての役目も大きく、筑後市のまちの歯科医院にも、歯の矯正のために通院されている患者さんが、いらっしゃいます。

矯正歯科に通う患者さんは、見た目の歯並びの悪さを気にされている方、あるいは学校での歯科検診で、歯の矯正を勧められるケースも多いと思います。

矯正歯科・歯科健診

歯並びがどのようになったら矯正歯科に通う?

では、どんな状態の歯並びであれば、矯正歯科への通院が必要かと言えば、八重歯のように、どこか一部だけの歯が出たり、重なっている状態の歯並びでしょう。

小さい女の子の場合、一見この八重歯が可愛らしい印象を与えることもありますが、実は、八重歯は犬歯で、犬歯はかみ合わせに重要な役割を持つ歯なので、犬歯が正しい位置にないということは、物を食べる時には、他の歯に負担がかかり、健全な歯が、いずれ抜けてしまうという事にもなりかねません。

そのために、八重歯治療のために矯正歯科に相談に来られる方も多いのです。

歯並びや咬む合わせが悪くなる原因はいろいろありますが、の多くが子どもの頃からお顔の成長方向が下に下がってしまうことだという研究成果があり、注目されています。

顎顔面口腔育成治療に取り組んでいます

まちの歯科ではそのかみ合わせが悪くなる原因に着目し、それを時間をかけて直していく顎顔面口腔育成治療に取り組んでいます。

さらに矯正歯科で受けるご相談としては、上の歯全体、あるいは上あごが前に出ている、いわゆる出っ歯の治療のご相談も多くあります。

また、逆に下あごがでている、うけ口の矯正も矯正歯科の治療によって改善することができます。
出っ歯やうけ口は、まずは見た目を気にされて、矯正歯科に相談されることが多いと思いますが、矯正歯科で、矯正の重要性を説明させていただくと、見た目以上に矯正の必要性を実感されると思います。

かみ合わせの悪さは、様々な弊害を生むこともあります

矯正を行う理由としてもちろん見た目も重要ですが、一番気にしていただきたいのは、歯のかみ合わせの悪さです。

小さい頃から、出っ歯やうけ口の状態で物を食べていると、それが当たり前になってしまっているかもしれませんが、かみ合わせの悪さは、様々な弊害を生むこともありますので、適切な矯正を受ける必要があります。

当院では、かみ合わせの育成と成人矯正を分けて、矯正専門医とタイアップしながら適切なタイミングと方法を提案しています。

歯の状態は、遺伝や生活習慣が影響することもありますが、矯正歯科で、きれいな健康的な歯と歯並びを手に入れてはいかがでしょうか。

もし、子どもの矯正歯科をお探しであれば、筑後市のまちの歯科医院にご来院ください。

筑後で審美歯科への通院をお考えなら

歯科へ通うのは、虫歯の治療のためという方が圧倒的に多いとは思いますが、最近では、審美歯科の需要も大変増えています。
学校での歯の検診により、小学生のころから、夏休みは歯医者通いという子どもも多いと思うのですが、歯垢や歯石の付着まで指摘されることもあるでしょうが、大人になれば、歯並びや歯の白さを気にして、審美歯科でメンテナンスをされる方も増えるでしょう。

歯はやっぱり白い方がいい

まちの歯科医院でも、審美歯科としての口腔内の治療を行っておりますが、まず、ホワイトニング、そして歯並び、さらに歯ぐきの色素の治療などがあります。
歯は、やはり白いに越したことはありません。
たとえ、虫歯が無く健康的な歯だったとしても、色素沈着が目立つ歯は、鏡の中の自分の歯を見ても、あまり気持ちのいいものではありません。

歯の黄ばみを気にするあまり、人の視線を気にして、大きな口を開けて笑うことができないということで、審美歯科で色素を取り除く治療を受ける方もいらっしゃいます。

また、歯並びの悪さが原因で、顔の印象が悪くなる場合があります。
特にあごのラインに影響を与えている歯並びは、若い女性にとって、審美歯科に通院する理由にもなっているようです。

審美

歯茎の黒ずみも解消

さらに、歯ぐきの黒ずみを気にされて審美歯科に相談される方も増えています。
実は、歯ぐきも、メラニン色素によってシミが残るなどして、黒ずんで来ることがあります。

この黒ずんだ歯ぐきを審美歯科での治療によって、きれいなピンク色に回復させることができる場合があります。

審美歯科では、歯の色素や歯ぐきの色素、そして歯並びの矯正などの治療を行いますが、その結果として、お顔の印象を良くして、自信を持って人前で食べたり笑ったりすることができるようになるなど、精神的なメリットもかなり大きいと思います。

たとえば、結婚式を控えた方が審美歯科で治療を受けたり、就職活動を始める前に来院されたり、様々なタイミングで、上手に審美歯科をご利用いただければと思います。

筑後で審美歯科への通院をお考えであれば、お気軽にご相談ください。

PAGETOP