福岡県筑後市和泉 | むし歯と歯周病の予防、入れ歯とインプラント治療で 最善の歯科治療を追求
投稿
  • HOME »
  • 小児歯科

小児歯科

子どものかみ合わせ育成治療

まちの歯科医院では、歯の生え替わり時期とお顔の骨組みがダイナミックに変化する時期が重なる6歳から8歳ぐらいの乳歯と永久歯が混在している時期に、かみ合わせの治療を始めるのが最適だと考え、顎顔面口腔育成治療に取り組んでいます。

よく,「こどもの矯正治療はいつ始めたら良いですか?」と親御さんから聞かれることがありますが,気になったときが始め時と考えています.

この顎顔面口腔育成治療の良い点はいくつかありますが、その最大の利点は、

「お顔のバランスが良くなり、自然に歯がほどよい場所に並ぶように誘導していく」

ということです。

かみ合わせの育成に各種の装置を組み合わせて用いています.

子どものかみ合わせ育成治療

子どものかみ合わせ育成治療(顎顔面口腔育成治療)について

顎顔面口腔育成治療では

顔面を構成する骨格を正しく前方成長させて、結果として歯がほどよい位置に並び、お顔が良くなることを目標とします。

こどもの横顔

筑後市のまちの歯科医院では、長崎県松浦市ご開業の末竹和彦先生のご指導により、子どものかみ合わせ育成治療に取り組んでいます。

かみ合わせが悪くなる原因は、遺伝や生活習慣etc.いろいろ考えられますが、根本的な原因の1つにお顔が骨格を含めて下に成長してしまうことがあります。

まちの歯科医院で取り組んでいる顎顔面口腔育成治療は、一般の矯正治療とは異なり,この成長方向を前方に是正して、歪みを解消し、結果として歯並びが整ってくることを目標に治療を進めます。

使用する装置

biobloc

上のようなバイオブロック装置やその他の各種装置をそれぞれの段階で組み合わせて使い、永久歯の歯並びがしっかりとするまで装置を使いながら、顎と顔面の成長方向を整えていきます。治療期間は、歯列が完成して安定するまでですので、長期間かかりますが、後戻りが非常に少なく、多くの場合で気道も改善されることが知られています。

6歳から8歳ぐらいまでで、乳歯と永久歯とが入れ替わっていく、生え替わりの時期に開始するのが理想的です。当院での治療可能な歯列不正のタイプと開始年齢に制限がありますので、歯ならびが気になっている方は早めにご相談ください。

PAGETOP