まちの歯科医院は、筑後市の中央を走るJR鹿児島本線の羽犬塚駅から徒歩13分の、県道703号線に面した歯科医院です。
当院には虫歯の治療の患者さん、そして矯正歯科を希望する患者さんなどが、来院されます。

矯正装置を付けている男の子実は、この矯正歯科治療を希望される患者さんは、年々増える傾向にありますが、矯正が必要な患者さんが増えているというよりも、治療が必要だと認識する患者さんが増えていると言った方が、いいかもしれません。

昔は、断然、歯が痛み出してから、歯科を訪れる方が多かったものです。
虫歯になれば治療を行い、削って詰め物をして修復するか、歯を抜くか。
年を取れば歯が抜けても仕方がないので、その時には入れ歯にする。
そういった方が多かったのですが、最近は、予防という意識が高まり、予防のために矯正で歯並びを良くしようと考える方が増えているように感じます。

確かに、歯並びが悪ければ、様々な支障が出て、虫歯になったり歯周病になったりする傾向にあります。
できるだけ自分の歯を健全な状態で維持するには、矯正歯科が大きな役割を担っていると言えるでしょう。

まちの歯科医院にも、小学生や中学生が歯並びの矯正のために通院されています。

特に6歳から8歳ころまでに歯並びが悪くなる傾向がある場合は、かみ合わせを正しい方向へ育成していく、顎顔面口腔育成治療がとても有効です。

また、年を取ってから、歯並びが変化して、矯正歯科に通う方も増えています。
特に、高齢になってからも美味しく自分の歯で食物をかむことができるというのは、生活に潤いを与え、脳の刺激にもなり、老化対策にも大きな影響を与えるはずです。

この場合は、矯正専門医とタイアップして対応しています。

まちの歯科医院では、筑後市の住民の皆さんの、歯周病や予防歯科に取り組む歯科医院として、健康を守り育む歯科医療を実践しております。
その一環として、お口の育成治療も、重要な予防歯科と言えます。

丈夫できれいな歯を、出来るだけ長く維持することが、健康的な生活につながるはずですので、矯正歯科の受診をお考えであれば、まちの歯科医院にご来院ください。